ブログ

つづきまして2日目
私たちは諏訪市内のホテルに宿泊したので(予約取るの、たーーいへんなんですよ笑)、早朝出発する必要はありませんのです~
朝8時半にホテルを出発して、会場へ向かいます
夏祭りや花火にはよくあることですが、会場の混雑を避けるため、バスを降りてから多少皆さまには歩いていただく必要があります。。。
片道約1.5㎞のゆる~い下り坂を歩いているとき、覚悟するのです。「帰りは上り坂になる」ことを。IMG_4548さてさてそうこうしているうちに会場へ到着!
ご覧のとおり「人がたくさん!」と思われると思いますが、まだ序の口!
これからびーーーっしり人で埋め尽くされます
7年に一度ですから、全国から祭を待ちに待ったお客様が来場します
メインの木落しは13時から
私たちはお弁当を食べながらその時を待ちますIMG_4546お弁当も御柱弁当
さて木落しの時間が迫ってくると、会場もこんなかんじIMG_4554IMG_4555ぜひクリックして拡大してみてください
「人を見るなら諏訪の御柱へ行け」と言われる理由がわかります
この日、気温は20度を記録!!!夏のような日差しで、熱中症で搬送される観客もいたほど
いや~みなさんラッキーすぎて、お天気良くしすぎです笑
例年だとまだまだ寒い季節ですので、会場のテントではホッカイロが無料配布されていましたが誰ももらってませんでした笑
さていよいよ御柱が木落し坂の上に到着!!IMG_4557
みなさん息を呑んで見守ります

こう見るとけっこう急な坂ですよ

IMG_4559
テレビ局のヘリも木落しの様子を空から中継IMG_4561 うおーー!!いよいよ!!いよいよか!!
・・・と思うと「ヨイサ!ヨイサ!」と男たちの掛け声が始まり、そしたら誰かが歌い始め、ラッパのファンファーレが鳴り、太鼓演奏に…あと何があったっけ…覚えてないくらい盛りだくさん笑
この状態が1時間半続きました。。。
みなさんトイレ行くにも行けなくて、御柱が落ちる瞬間を見逃すまいと坂を見守り続けます…IMG_4564→なんかすぐに木落し始まりそうな雰囲気ですが、この状態から30分以上かかりました笑
ちなみにこんなに時間がかかるのは稀なことらしく、予定していた私たちの集合時間はとっくに過ぎていました。
私は集合場所と会場(結構な坂道!)を4往復くらいし、柱がなかなか落ちてこないことにヤキモキしていたのです 
よって、筋肉痛に
情けない話です 「いかに普段運動不足かわかる」とドライバーさんにも言われてしまいました
御柱が落ちる瞬間はあっという間ほんの3秒くらいでワーッと滑り落ちてゆきました…
次は平成34年!!!
とっても貴重な体験ができました
お客様の中には「個人で行こうと思ったんだけどチケットが取れなくて…」という方もおりました!
そうなんです!チケットを取るのがもー大変!※庄交トラベルも抽選に参加しましたが、10分の1の当選率でした…
御柱祭、寅年の次回は是非見てみたい!という方、庄交トラベルでのご参加をオススメします
 
もうすぐゴールデンウィーク
予定はもうお決まりですか??
 
以上、蛸井でした~