ブログ

上林(イラスト)お久しぶりです!
外は暴風雪で窓からの景色が全く見えない今日このごろですが、皆様は元気にお過ごしでしょうか?
新年初めてのブログ更新となりました、添乗員の上林です

1/16(水)~17(木)の1泊2日で『山岳添乗スタッフ冬山研修』を行い、研修先は、中央・南アルプスの山岳ガイドをしていただいております『橋詰博史さん』のホームグランド「北八ヶ岳」です
この度の研修は、11月に起こってしまいました「万里の長城遭難事故」をふまえ、弊社で昨年から始動している「庄交お山歩倶楽部」での弊社山岳スタッフのスキルアップと、セルフレスキューを山岳ガイドのもとで勉強することを目的として行いました。
セルフレスキューとは・・・自分自身の安全を確保し、トラブルを未然に防ぐための知識やハウツーのこと。例えば、パニックになりかかった時の回復法などが含まれる。

鶴岡を朝6時に出発し、この日は山岳用品店にて橋詰ガイドから「最適な用品の選び方」や「山岳用品について」をレクチャーして頂きました。画像 001場所は移動し、本日の宿泊場所「蓼科グランドホテル滝の湯」にて勉強はまだまだ続きます!
画像 015橋詰ガイドが通常ザックの中に入れている山岳用品の説明をしていただきました。
私も荷物は結構持っている方ですが、やっぱり山岳ガイドは質が違います!
ちなみに私のザックの半分は行動食が入ってます画像 019続きまして、ファーストエイド(応急処置)・セルフレスキューに対する留意点を勉強した後、実際にスリングとカラビナを使用しての救急講習です!画像 029これがスリングを使っての搬送練習です
背負っているスタッフが添乗員の「大沼」で、背負われているのが添乗員の「本間」ですが、男性を背負っていますのでかなりの重さになります
ちなみに余談ですが、添乗員の大沼は体重が79kgあってスタッフの中で一番重いので背負う方はかなりの辛かったとの裏話でした

旅館での約2.5時間の研修を終え、待ちに待ってました夕食の時間です画像 037食前酒・三種盛り・お刺身・松茸おこわ・茶碗蒸し・年輪サーモンの酢の物画像 035メインの「信州茸と寒ブリ鍋」画像 040牛ステーキ画像 041画像 042締めのうどんと、デザートを含めた全10品の夕食でした
橋詰ガイドとの懇親を含め、楽しいひと時はあっという間に終わってしまいます(ノд・。) グスン
この日は1日の疲れを温泉で癒し、就寝Zzz…(*´~`*)。o○ ムニャムニャ

【冬山研修2日目】
翌日は「蓼科グランドホテル滝の湯」自慢の朝食バイキング!
品数豊富なバイキングは私にとって凄く魅力的で、欲張りなので全て食べてみたいという願望のもと食べ続けた結果・・・
当たり前の結果ですが、食べ過ぎてお腹がはち切れそうでした(TДT)
朝食も終わり、北八ヶ岳のピラタスロープウェイ山麓駅(1,771m)へ移動
この日は風も弱く天候は、のち
気温は・・・
(つд⊂)ゴシゴシ
『-11℃』
Σ( ̄ロ ̄|||)画像 043
ちなみに山頂駅(2,237m)の風景はこちら?画像 044
目指すは「縞枯山(2,402m)」!画像 048
スノーシュー(雪の上を楽に歩くための雪上歩行具。西洋「かんじき」)に履き替え、弊社山岳スタッフを先頭に研修をスタート!画像 050
スノーシューは誰も歩いていない場所を歩くのが一番楽しいんです.。゚+.(・∀・)゚+.゚画像 054
続きまして、こんな急登を登り・・・画像 058画像 059
上から滑り降りたりもします
予めお伝えしておかないと誤解を招きますが、遊んでいたのはほんの一部のことで、メインは橋詰ガイドからしっかり講習を受けながら歩いておりました画像 065
こちらが「縞枯山(2,402m)」山頂です!画像 068
下山途中の晴れ間で見えた北八ヶ岳の「縞枯
れ現象」です
2日間の冬山研修はあっという間に終わってしまいました。
今回の研修は橋詰ガイドのお陰様で大変実りのある研修となりましたが、今回だけに満足せず今後も庄交トラベルスタッフは、山岳スタッフのスキルアップ・安全性の確保・セルフレスキューなど事故を未然に防ぐためにも研修を行なって行きたいと思います。

以上、写真に全く写っていない「上林」でした