ブログ


お久しぶりです!
前回10月の「山男のつぶやき日記」から更新が3ヶ月も経ってしまい申し訳ございません。
皆様と同じく、『庄交お山歩倶楽部』も11月以降冬眠に入り、新年初めてのブログ更新となりました添乗員の上林です。
1月21日(火)~22日(水)の1泊2日にて、昨年に引き続き第2回目となる『山岳添乗スタッフ冬山研修』を行ってまいりました。
場所は1日目は「高尾山」・2日目は「御岳山」で、中央・南アルプス方面の山岳ガイドをお願いしております『橋詰博史さん』に講師をしていただきました。
この度の研修は、「庄交お山歩倶楽部」での弊社山岳スタッフのスキルアップは当然の事、「ファーストエイド」や「ザイルワーク」「セルフレスキュー」「ルートファインディング」については『橋詰博史ガイド』のもとで勉強いたしました。
【研修1日目】
鶴岡を朝6時に出発し、スタッフ5名で運転を交代しながら高尾山麓駐車場へ12時30分に到着!
途中通った高速道路の越後湯沢付近は雪がとても凄かったです。
さて、肝心な高尾山での研修画像は・・・
Σ(=゚ω゚=;)
すみません、デジカメを車の中に忘れてしまい撮っておりません(’A`|||)
ただし、当たり前ですが全く遊んでおりません!!
13時00分に登り始め、「セルフレスキュー」「ルートファインディング」を行いながら17時に下山いたしました。
一番辛かったのは「セルフレスキュー」で、お客様が怪我をしたことを想定しスリングを使って搬送する訓練ですが、登山スタッフの大沼さんが非常に重く持ち上げるのに一苦労でした。
【研修2日目】
研修2日目はしっかりとデジカメを用意し準備をしていたところ、女性として世界で初めて世界最高峰エベレスト及び七大陸最高峰への登頂に成功した「田部井淳子」さんが訓練のため「御岳山」に訪れておりました。
私自身お見かけしたのは「槍ヶ岳」と今回の2度だけですが、登山スタッフ全員で挨拶をさせていただきました。
※後で証拠のため、田部井淳子さんと一緒に写真を取れば良かったと後悔しました。

御岳登山鉄道のケーブルカーにて移動中。
無事到着し、橋詰ガイドより準備体操を教えてもらいました。

雪があって気温は-7℃くらいでしたが、この日のお天気は晴天で最高に気持ちが良かったです。

いざ、御岳山へ出発。

御岳山までの道は参道となっており、とても歩きやすいのですが、凍っていて歩くのがちょっと大変です。

標高929m御岳山の頂上にある「武蔵御嶽神社」へ到着。
と言っても、御岳山駅から徒歩30分少々で到着する場所にあります。
さて、研修本番です。

この日は「ザイルワーク」を講習いたしました。


上記のザイルワークは、登山道の片側が危険な場合にザイルを利用して安全を確保する訓練です。
最後に、人が斜面に落ちた時を想定しての訓練を行いました。

もちろん、落ちた人の役目は「大沼さん」です。



救助役は、昨年6月に入社した新しい登山スタッフの「佐藤竜太さん」です。

こんな感じで、登山スタッフと橋詰ガイドによる救助訓練をいたしました。
2日間の冬山研修はあっという間に終わってしまい、昨年と比べ山の中での研修に重点を置いたせいなのか足がパンパンになりました。
多分日頃の運動不足のせいだとは思いますが。
今回の研修も橋詰ガイドのお陰様で大変実りのある研修となりました。
今後も庄交トラベル山岳添乗スタッフは、スキルアップ・安全性の確保・セルフレスキューなど事故を未然に防ぐためにも研修を引き続き行っていきたいと思います。。
2月・3月にも「お山歩倶楽部」のツアーが催行決定しておりますので、庄内の皆様も訓練&運動がてらご参加お待ちしております。
以上、昨年に引き続き写真に全く写っていない「上林」でした!